いざという時を初めて経験しました

よく、「いざという時」という表現を耳にします。
でも、実際にいざという時って滅多にないと思います。頻繁に「いざという時」が起きたら、言葉に矛盾が生じます。
前置きには程々にして、タイトルの通り今回「いざという時」を初めて経験しました。

それは、一月内に5回の結婚式に出席することになったのです。
どれも仲の良い友人の式なので欠席することはできないので全てに出席するのですが、問題はご祝儀です。
3万円×5回=15万円になりますので、まだ社会人2年目の私には痛手です。貯金らしい貯金もないので、ここは借金をして乗り切るしかありません。

色々と消費者金融の情報を調べてみました。
私の場合は、過去に借り入れをしたこともなく、大手ではないですが安定した会社に新卒から勤めていますので信用調査は問題ないと思います。
借りる私の立場からの希望としては、怪しい業者からの借り入れは避けたいという感じです。

ネットの情報をまとめると、プロミスが私には適しているという結論に至りました。
長期間の借り入れをするわけではないのですが、低金利が良いですし、安心して借り入れが出来るという点を考慮してプロミスを選びました。

今回は10万円の融資を申し込もうと思うのですが、プロミスで10万円借りる際の金利はとても良心的です。
詳しくはプロミスで10万円借りた場合のページを参照していただくとわかりやすいです。
また、有り難いのはプロミスでは自信のメールアドレスを登録することと、WEB明細を利用すると、30日間の金利が無料になるのも大変に有り難く感じます。

急にお金が必要になった場合の対応の早さにも定評があるようですし、三井住友銀行の系列会社だという安心感も今回私がプロミスを選んだ理由の一つです。